読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり系子育て日誌

2014年5月生まれの娘をもつのんびり系アラサーママの日常。

読書_「9人産んじゃいました!」こばやしひさこ

いつも見に来ていただいてありがとうございます。
初めての方は初めまして (`・ω・´)v

このブログは旦那さんと2歳の娘・いーさん、
4月中旬出産予定の私の日常を書いています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

二人目出産予定日まであと2週・・・陣痛、分娩の痛みの恐怖感や
産後待っている二人の育児が心配で図書館で予約してみたエッセイ本。

自宅で助産院を経営されている助産師のこばやしひさこさん。
子供がたくさん欲しいし、早く仕事復帰もしたくて
5人を年子で計画的に出産したというタフな姉さんです( ̄◇ ̄;)

漫画を交えて、ポイントポイントで文章もあり、
一気に読めました。

特に印象的だったことを書き留めておこうと思います。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

赤ちゃんの持つ力、そして母親の持つ力を信じ、ゆっくりと自然にゆだね、自分の心臓、脈拍、呼吸のリズムと、お腹の赤ちゃんのリズムがぴったりと合うように・・・〜
"自分自身に身をまかせ、この先にあるかもしれない苦悩を恐れたり不安になることなく、ただ「今ここにいる自分」だけを感じてみましょう。ここに新しいいのちを宿していることが、「すべて」であり、そのなかに「幸せ」があるのだと。妊娠、出産とは、本来そういうものなんです。

陣痛のきっかけは、赤ちゃんの脳からの分泌されるホルモン
考えられているようです。

なので、”痛み”や”恐怖”を取り除こうと考えるのではなく、
陣痛を赤ちゃんの準備が整ったんだ、やっと会えるんだと
前向きに考えると”痛み”や”恐怖”が薄れるかも。

また、赤ちゃんと私、二人の命が1つということを貴重な体験、
幸せな時間なのだと思えたことで、少し楽になりました。

身構えるんじゃくて、母親である自分を信じてカモーンと大きく
手を広げるイメージで出産に臨んでみようと思います。

 

9人産んじゃいました! 9人産んじゃいました!
こばやしひさこ すぎやまえみこ

10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本 みんな違っていいやん!   4男5女のママさん助産師が教える妊娠・出産アドバイス 大丈夫やで 〜ばあちゃん助産師(せんせい)のお産と育児のはなし〜 子どもからの贈り物―“お母さん”であることを楽しむために カリスマ助産師トコちゃん先生の 赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本 小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル) たまご絵日記 ~新米かあちゃん奮闘記~ 透明なゆりかご(3) (KC KISS) マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK―「生まれたらこうなる!」・・・って、教えておいてよ、もー!!
by G-Tools

 

ブロトピ:マタニティブログ♪

広告を非表示にする